医療用BMI手指タイプ

 

医療用BMI手指タイプ

脳科学とAIを融合し、脳の治る力を引き出します。

全国でも先行的な導入です。
脳卒中などで後遺症が残る患者さまの運動機能を、回復に導くことを可能にする最先端リハビリテーション機器です。

BMI説明図

 

BMIは、脳神経系の損傷で重度な運動障害が残ると、治療は困難と言われてきた手にアプローチ。
再び、自分の意志で手を開く動作ができるようになると期待され、患者さまのQOLにも貢献します。

 

 


「BMI」の訓練と当院で導入済みの「IVES」や「フィジボRTD」などを使ったリハビリテーションと組み合わせることで、代償回路はさらに活性化されると期待されています

 

 


  ▶BMIは、慶應義塾大学のスタートアップ企業である
  「(株)LIFESCAPES」(東京)の機器。
  2024年3月に医療機器として認証されました。

 

BMIと他の機器との組み合わせ

 

 

LIFESCAPES社のBMI紹介動画

 

 

 

▶LIFESCAPES社のホームページはこちら